この位置偽装の仕掛けは同時に複数のアプリ、複数のモバイル端末の位置偽装できる。

位置偽装の仕掛けを使ってみていますが、いくつか面白いことが見えてきたので書いておきます。この仕掛けは、複数のアプリ、複数のモバイル端末で同時に移動できます。仕掛けを考えれば当たり前といえば当たり前なのですが、リアルに移動しているのと同じ感覚です。

複数の端末、私の場合は、アンドロイド端末とiPadの2つを操作しています。本当に歩きながらだと複数の端末を同時に操作するのは無理がありますが、机上にスタンドに立てた状態で右手でアンドロイド機、左手でiPadを操作なんてこともできます。

それかたiPadで裏でPokemonGoを動かして、画面上では別なアプリを使ってということもできます。画面上で動かすものは、位置情報を利用するものもしないものもどちらもありです。
そのようなことをするのに(接続の問題がようやく解消した)モンスターボールプラスと組み合わせがよい。モンスターボールプラスを接続して、位置偽装ツールで歩かせると、放置しておくだけで道具集めができるようになりました。これは便利です。モンスターボールプラスのボタンを押しっぱなしにしておけばポケモンも捕まえるのも勝手にやってくれます。
この使い方を続けていると木の実ばかり使われずにたまっていくので、時々、意識的に使うか、捨てるかしないといけませんが。。。 これは普通に使っていても発生する事態ですね。

位置偽装には、_nomapとステルスのどっちが良いか

位置偽装するときのおすすめは、「近くにWiFiを置かない。」ですが、おかないわけにはいかないときにどちらが良いかを整理します。結論を言うと「_nomapが良い」ですが、条件によって変わります。いきなり説明なく入っていますが、説明はこのページをご覧ください。

まず、ステルスのデメリットです。条件によっては致命的です。いまどきなIoT製品がいろいろありますが、ステルスに対応できていない子機側の製品が存在します。この条件に合致する場合ステルスを選択することができません。それからWiFi親機機器の電源断などで接続できなくなると、子機側が初期設定モードに切り替わりWiFi機としてSSIDやMACなどが見える状態に変わります。ステルスにしているとこの状態からなかなか復旧しないように見えます。復旧しないままだと、この機器のMACを登録されてしまう可能性があります。
ステルスのメリットは、位置偽装対象がiOSの場合に効果があります。残念なことにiOSは、_nomapが効きません。アプリによって動きに違いがあるようですが、ステルス化して位置情報取得でMACを拾えないようにする方法があります。
私の場合は、デメリットの影響が大きいので_nomapを採用しています。

つぎに、 _nomapですが、メリットはAndroidには機能上の弊害が特になく位置偽装時に効果を発揮するということです。明確なデメリットは感じません。
そんな中でのデメリットは、誰かのサイトに書いていましたが、セキュリティヲタクであることを発信しまくっている点でしょうか。これまで、1000を超えるSSIDなどの情報を拾ってみましたが、_nomapを付けているものは見つけることができていません。実際のところ_nomapを付けている人はどのくらいいるのでしょうか? 逆にほとんど_nomapが付いていないからこそWiFiでの位置特定がそれなりに妥当な感じで機能しているということでしょう。

位置偽装の検証フェーズは終わって、本格的に活用できる状態に..

Pokemon Goに10/6のアップデートを適用すると、モンスターボールプラスが接続時に「接続できません」となり使えません。「Pokemon GO Plus」も、同様らしいが、新しいOS向けのアップデートが効いていたりするのでしょうか?別のアプリは、まだ新しいにOSに対応できていないのでOSアップデートは待ち状態なのですが、。。 とりあえず待ちというところでしょうか?

さて、位置偽装は検証のほうですが、10/6のアップデート後でも、問題なく位置偽装できています。OSアップデートで、使えなくなる可能性は否定できませんが、利便性を捨てるような変更はしないと推測しています。

それから、簡単に操作できるようになったので、banされるか心配になりそうなくらい歩かせられる状態にまでなりました。3日で、50Kmくらいを上限にセーブしています。

 

10/25更新 モンスターボールプラスの接続がアップデート(1.125.0)によりようやく解消しました。位置偽装ツールとの組み合わせで放置しておくだけで道具集めができるようになりました。これは便利です。モンスターボールプラスのボタンを押しっぱなしにしておけばポケモンも捕まえるのも勝手にやってくれます。