この位置偽装の仕掛けは同時に複数のアプリ、複数のモバイル端末の位置偽装できる。

位置偽装の仕掛けを使ってみていますが、いくつか面白いことが見えてきたので書いておきます。この仕掛けは、複数のアプリ、複数のモバイル端末で同時に移動できます。仕掛けを考えれば当たり前といえば当たり前なのですが、リアルに移動しているのと同じ感覚です。

複数の端末、私の場合は、アンドロイド端末とiPadの2つを操作しています。本当に歩きながらだと複数の端末を同時に操作するのは無理がありますが、机上にスタンドに立てた状態で右手でアンドロイド機、左手でiPadを操作なんてこともできます。

それかたiPadで裏でPokemonGoを動かして、画面上では別なアプリを使ってということもできます。画面上で動かすものは、位置情報を利用するものもしないものもどちらもありです。
そのようなことをするのに(接続の問題がようやく解消した)モンスターボールプラスと組み合わせがよい。モンスターボールプラスを接続して、位置偽装ツールで歩かせると、放置しておくだけで道具集めができるようになりました。これは便利です。モンスターボールプラスのボタンを押しっぱなしにしておけばポケモンも捕まえるのも勝手にやってくれます。
この使い方を続けていると木の実ばかり使われずにたまっていくので、時々、意識的に使うか、捨てるかしないといけませんが。。。 これは普通に使っていても発生する事態ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です