ポケモンgoなどで位置偽装に使う コマンドベースでの位置情報取得

iphoneなどが動作するios13やAndroidなど広範囲の機種で

ポケモンGoなどのARで使用する位置情報を偽装する というよりも、

周囲の環境を、移動させることができるatwaspの使用法の追加情報です。

Atwaspのについての動作実績は、「位置偽装の検証」記事を参照してください。

 

Atwaspの導入方法と使用方法は「画像入り」の記事を参照してください。

 

さて、ここでの本題です。

atwaspの コマンドベースでのWiFi情報採取方法を紹介します。
お出かけして情報採取を行うシーンでは、ノートPC単体で使用することが想定されます。このとき、GUIで操作するより必要最小限のアプリケーションの動作させたほうが消費電力が抑えられ。より長時間の情報採取が可能です。そこで、コマンドベースでの情報採取方法を紹介します。

■ターミナルの起動
ログインプロンプトでubuntuと入力し、パスワードは何も入力せず「enter」を押してください。
複数の画面を切り替えるには、Alt+F2など  F1、F2… で切り替えることができます。

※コンソールの起動方法の詳細はプラットフォーム側のサポートサイトで確認してください。

■atwasp WiFi情報採取
次のコマンドで情報採取を開始します。

# /home/ubuntu/hostapd-2.6/hostapd/getwifi.sh

上のコマンド実行すると500回取得する間、実行しっぱなしになります。

■WiFi情報取得の停止方法

※強制終了すると、データファイルは生ファイルしか作成できません。
下のコマンドを別のコンソール画面を開いて実行してください。

echo 2 > /home/hsbox/wtmp/flg.txt

※hsbox1.1向けに準備中の次回リリース予定のatwaspでは
次の停止用コマンドも用意します。
# /home/ubuntu/hostapd-2.6/hostapd/stopgetwifi.sh

情報採取すると、次のようにファイル一覧画面で取得したファイルを参照できます。

WiFi情報採取の際に活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です