atwasp 向けの 動作プラットフォーム環境が公開されました。

atwaspを動かすのに必要な環境(hsbox)が公開されました。

hsboxとは

hsboxは、 パソコンを数分でatwaspが動作する環境にすることができます。

atwaspを hsboxに組み込むため、 hsboxライセンス版が必要です。

最新版のhsbox上で動作確認ができ次第、 atwaspをここで公開する予定です。

 

atwasp公開スケジュールについて

atwaspの 公開に向けての目途ついてきました。 動作プラットフォームの公開が8/1ころに設定されましたので、 atwaspもこれに合わせて公開することにします。

atwaspは、プラットフォームに組み込んで利用します。 プラットフォーム自体の動作環境は広範囲に対応していますが、atwaspの機能確認ができているのは、Lenovo G560 ノートPCのみです。 その他の機種に関しては、確認をお願いします。USB WiFiアダプタについては、提供していただくか、低価格のものであれば動作可能かを調査しますのでお問い合わせください。

atwasp公開準備中 です。 近いうちに公開できそうです。 

atwasp(EMホロエミッタ)の公開に向けての準備中です。

現時点で、「動作確認済みのハードは Lenovo G570に搭載のチップのみ」という状況に変化はありません。 使えそうという情報があればよいのですが、今のところ候補となりそうなチップの情報もありません。 実際にやってみないとわからないということかもしれません。 ということで、atwaspの公開準備を進めます。 公開時期は、今月中にはお知らせできると思います。。

→  公開時期について情報公開しました

 

 

動作チップの検証。 

atwasp(EMホロエミッタ)の公開に向けての準備中です。

現時点で、動作確認済みのハードは Lenovo G570に搭載のチップのみです。公開までにはもう1種類くらい動作できるチップを確認したいと考えています。 これまでに、TL-WN725N、WDC-433DU2HBK、802.IIN、PT-N330、multibyteなどの製品を確認しました。子機としては問題なく使えました。 PT-N330以外は、とくに追加インストールなしに、ホットスポットとしても利用することが可能です。しかし、EMホロエミッタとしては使えていません。 それぞれのチップ(ドライバ)はRTL8188eu、RTL8812au、RTL8188CU、Ralink MT7601U、RTL8188CUでした。ちなみに動作確認ができたチップ(ドライバ)は、AR9285です。

ということで、今時点でatwaspを使うことができることを確認できているのは、ノートPCのLenovo G570だけです。

ほかにも使える機種を紹介したいと考えています。当方で動作検証をしたいので、次のような情報を頂ければ幸いです。
1. AR9285 チップを搭載している機器。
2.     hostapdで、マスタ(Infraモード)として起動でき、制御できるチップ機種、および該当チップを搭載した製品・機器。
3.    上述の動作献上済みのチップ以外を搭載したUSB WiFiデバイスと搭載チップ型番。

さすがにこの検証のためにノートPCは買えないので安価なものでお願いします。

 

iPadOS13.3.1での検証結果

iPadOS13.3.1でのatwasp(EMホロエミッタ)による位置偽装の検証結果です。

結論: atwaspでの位置偽装は、iPadOS13.3.1でも可能でした。また、工夫できる点がいくつかありました。今後、atwaspの強化項目として検討します。ただ、現状のままでも、工夫だけで何とかなります。 アプリとの組み合わせで、異なる特徴があります。

iPadOS13.3.1 + Pokemon GO :
安定して動作できました。 位置情報の変化に多少鈍感な挙動をしています。これが、安定動作の要因になっていると推測します。
モンスターボールPlusとの組み合わせでも問題なく動作します。 もちろんバックグラウンドで動かしていてもモンスターボールがポケモンを見つけたことを知らせてくれます。 このため、バックグラウンドで動かしておいて、必要な時にモンスターボールで操作するのが楽です。

iPadOS13.3.1 + 魔法同盟 :
位置情報の変化に過敏な挙動をしました。ちょっと電波が切れると、「GPS信号が見つかりません」となり、アクセス許可の画面に飛ばされ、再起動してしまいます。
位置偽装自体は機能していて、問題はありません。
より安定して使うには、複数のWiFi電波を送信するマルチエミッタを使うことでしょう。マルチにすることでGPS信号が切れないので、再起動するようなこともなくなると思われます。
複数WiFiでの挙動として、WiFi強度の重みづけが弱いように感じされます。つまり、WiFi強度が低くても均等に平均化して位置情報の元データとするため、位置移動への影響が小さい。このため、atwasp以外の電波があると、その影響が大きくあまり位置を変化させることができません。

Android 7.0 + Pokemon GO:
外部の電波がある状況では atwaspの効果が一番よい。比較的思い通りに歩かせることができます。
複数の電波がない場合に固まる事象が発生しました。
追加確認は必要ですが、Androidの場合は、外部電波がない環境で利用する場合はマルチエミッタで利用する必要がありそうです。以前、Androidで確認したときは機能していた記憶があったのですが、モバイルEMエミッタを使って 検証した記録がないので記憶間違いだったようです。もしくはどこかの時点で変更されたのかもしれません。  そうだとすると、やはりマルチエミッタを検討する必要がありそうです。

 

ずっとEMホロデッキだけで実証ツールを動かしていたが…

実証実験をしていましたが、気が付いてみると実証ツールのGUI化、検証機のOSバージョンも上がるなど環境がだいぶ変わってきました。 EMホロデッキをはなれ、再度モバイルEMホロエミッタでも検証してみます。

実証用ツールの機能もかなり進化して、使いやすくなりました。 というか、Web化した話もまだ書いていませんでした。検証参加方法も見直したほうがよさそうですね。検討してみます。希望などあればコメントもしくはメール等での連絡をお願いします。

2020/2/6追記  iPadOS 13.3での検証レポートの準備を進めていましたが、検証環境をさらに新しいiPadOS13.3.1 にOSアップデートしました。このため、iPadOS13.3.1 で再度検証するよう準備中です。ちなみに、対象アプリは短時間の検証ですが、正常に機能しています。 また、モバイルEMホロエミッタでの位置偽装も効いているように見えます。詳細は別途レポートします。

 

iOS位置偽装ソフト の検証

 今回はiOSで位置情報を任意に変更できるWondershareのソフトウェアdr.foneについて紹介します。この製品は、iPhoneのデータバックアップ、復元、データ転送などを行えます。「GPS変更」は複数ある機能のうちの1つです。本記事では、この位置情報を変更できる機能についてのみ記載します。

製品DLなど  URL:https://drfone.wondershare.jp/ios-virtual-location.html

機能概要
 以下に機能的な要素をいくつか挙げていますが、主要機能は現在のGPS位置情報を任意に変更するシンプルなものです。
                  マップで移動先を指定して任意の場所に移動できます。
                             実際にその場所に行かなくても、ARアプリ上で任意の場所に移動できます。


 移動経路と移動速度を指定して移動できます。
製品HPの記載について解説というかコメントします。まず「脱獄不要」ということです。そもそも”脱獄”って何?なのか定義を明確化しないと妥当な内容なのかよくわかりません。これについては後の”仕様”のところで書きます。
「iPhoneで現在地を安全かつ簡単に変更」の”簡単”については理解できますが、”安全”とは何が言いたいのか分かりにくい。安全な場所に居ながらにして、危険な場所などどこにでも行けるという意味での安全とも読めます。しかしその真意は、たぶん脱獄が危険だからその危険な行為をしなくても利用できるということなのでしょう。
「速度を設定してGPSをかく乱する」の”かく乱”は意図が良くわからない。GPSの位置を任意の位置にすることでかく乱という意味なら、速度は関係ない。GPSの位置偽装を検出されないようにするという意図なら、かく乱というよりBAN対策ということでしょう。なので、かく乱する対象はGPSではなく、位置偽装をBANする仕組みに対するかく乱なのでしょう。説明が一つ飛んでいるのだと推測します。もしくは、日本語に翻訳するときに適切な言葉を選択できていないだけかもしれません。 現時点で、移動速度を設定できるのはBAN対策として効果的かもしれません。しかし、正確に直線移動を一定速度で移動しているように見えるのは、実際に移動したときに見えるデータとは明らかに異なります。将来はそのように異様に正確な異動はBANの対象とされるかもしれません。その辺も考慮して「途中に異なる休憩時間を設定して、より自然な走行に見せる」機能も用意されています。
 これらの機能はiPhoneを放置しておいて勝手に歩行させる使い方に最適です。同じルートを繰り返し歩行させるのも回数指定だけでよいので、ポケストップなど多いルートを設定するなど効果的な歩行ルートの設定とくみあわせることで、効率的に進められるでしょう。ただ、1か所に多数のポケモンがいるなど歩行の進行をとめるなど、操作しながら移動と滞留を繰り返す使い方をするぶんにはもう少し実装面での工夫ができそうな余地はあります。
仕様、実現方法
CPU
1GHz (32ビットまたは64ビット)
RAM
256 MB以上のRAM(1024 MBを推奨)
ハードディスクの空き容量
200 MB以上の無料空き容量
iOS
iOS 13, iOS 12/12.3, iOS 11, iOS 10.3, iOS 10, iOS 9 及びもっと古いiOS
コンピューター OS
Windows: Win 10/8.1/8/7/Vista/XP
Mac: 10.14 (macOS Mojave), Mac OS X 10.13 (High Sierra), 10.12(macOS Sierra), 10.11(El Capitan), 10.10 (Yosemite), 10.9 (Mavericks), or 10.8
ほとんど説明なく、この対応OS等の仕様が書かれています。なんで、コンピューターOSが書かれているのか唐突な感じでわかりにくいが要するに次の構成をとります。
「iPhone」-「USBケーブル」-「PC」
 という具合です。”Lightning-USB変換 アダプタ”等を介して、iPhoneとPCをUSBケーブルで接続し、PCにインストールしたアプリケーションを操作してiPhoneのGPS位置情報を書き換えを行います。 簡潔に言えば、PCからiPhoneのGPS位置情報を操作する動作仕様です。10年ほど前はPCと携帯電話をUSBケーブルでつないでデータ移行をしていましたが、最近はデータ移行などほとんどのiPhone使用シーンにおいてUSBケーブルを使うことは減っています。このため、”Lightning-USB変換 アダプタ”などUSB接続に必要なアクセサリを保持していることはまれでしょう。試すときは、まずはUSBケーブルを準備しましょう。
 GPS位置情報を書き換えるため、iPhoneを開発者モードにしておく必要があります。開発者モードとかデバックモードにするのは、この手の製品ではよくあるパターンです。これは、先に書いた”脱獄”と関連があります。開発者モードにするということは、セキュリティガードを回避している状態で使うということなので、”脱獄”と似たような状況で使用するということです。”脱獄”の定義によってはこれも脱獄状態と言えなくもないでしょう。  このように内部仕様の部分を操作しているのでOSのバージョンが変わったら動かなくなる恐れが、通常のアプリケーションより高いと言えるでしょう。私はiPadOS13.3を使用しています。 この製品は仕様には書かれていませんが、iOSに加えて、iPadOSにも対応しているそうです。しかし、まだiOS13.3に対応できていないようです。リリースしてから間もないので間に合っていないということでしょうか。iOS13.3でセキュリティ強化が行われているようなので、この影響で評価だけiOS13.3に対応しているとはいえず、Webのページにも情報公開できていないものと思います。


補足情報:
個別に確認した動作環境の情報です。
動作環境について:
対応可能な端末:
iOS 13, iOS 12/12.3, iOS 11, iOS 10.3, iOS 10, iOS 9 及びもっと古いiOS(iPadOSも利用可能です)
コンピューター OS:
Windows: Win 10/8.1/8/7/Vista/XP(Mac版は未発売です。)
つぎは利用者向けというよりは製品Webページの作成者などの製品担当者向けのコメントです。
Webページに記載した内容と、Macの部分が違います。なぜ違うのかが気になりますが。私はMac派ではないのでとりあえず、どちらでもよいです。それよりも、なぜ「及びもっと古いiOS」の部分をどのような意図で書いているのかが気になります。書いていないバージョンでも動くと言いたいのでしょうが、読み手は自分が持っている機種のバージョンが動くかどうかを知りたいはずです。このように、具体的に書かれていない場合、利用者には意味もない情報でしかありません。この部分に限らず、全体的に読み手のことを考えた記載になっていないので、その辺を改善したほうがよいでしょう。
価格
1ヶ月ライセンスが999円(税込み)、3ヶ月ライセンスが1,999円(税込み)です。  無料版でまずは確認してから購入するのがよいのですが、無料版は2時間しか使えません。2時間を過ぎると使用できなくなります。 上で書きましたが、試すためにはまずUSBケーブル等が必要です。ケーブルがなければ、無料版を試すまえに2000円程度ですが出費が必要です。 試すなら最初から有料版を使うくらいのつもりで試すほうがよいでしょう。また、有料版も最初は1ヶ月ライセンスで試して気に入れば3ヶ月ライセンスにするのが良いのではないでしょうか。3ヶ月以上ライセンスも法人向け?で用意されていますが、価格は公開されていません。 先に書いたようにバージョンアップにより使えなくなる、もしくは使えなくなく期間が発生する恐れがあるので、3ヶ月単位でのライセンスが妥当なのかもしれません。

補足情報

ドラゴンクエストウォークのアプリが、私の検証環境の機器には対応していないため検証できていません。Android端末はインストールできるが、「つうしん中」でタイムアウトし動作しませんでした。 iPad機のほうは、対象外の機種と表示されインストールさえできませんでした。

製品ページ、URL

iOS位置偽装ソフト: 
【HP】https://drfone.wondershare.jp/ios-virtual-location.html  

製品価格
https://drfone.wondershare.jp/buy/drfone-ios-virtual-location.html

この位置偽装の仕掛けは同時に複数のアプリ、複数のモバイル端末の位置偽装できる。

位置偽装の仕掛けを使ってみていますが、いくつか面白いことが見えてきたので書いておきます。この仕掛けは、複数のアプリ、複数のモバイル端末で同時に移動できます。仕掛けを考えれば当たり前といえば当たり前なのですが、リアルに移動しているのと同じ感覚です。

複数の端末、私の場合は、アンドロイド端末とiPadの2つを操作しています。本当に歩きながらだと複数の端末を同時に操作するのは無理がありますが、机上にスタンドに立てた状態で右手でアンドロイド機、左手でiPadを操作なんてこともできます。

それかたiPadで裏でPokemonGoを動かして、画面上では別なアプリを使ってということもできます。画面上で動かすものは、位置情報を利用するものもしないものもどちらもありです。
そのようなことをするのに(接続の問題がようやく解消した)モンスターボールプラスと組み合わせがよい。モンスターボールプラスを接続して、位置偽装ツールで歩かせると、放置しておくだけで道具集めができるようになりました。これは便利です。モンスターボールプラスのボタンを押しっぱなしにしておけばポケモンも捕まえるのも勝手にやってくれます。
この使い方を続けていると木の実ばかり使われずにたまっていくので、時々、意識的に使うか、捨てるかしないといけませんが。。。 これは普通に使っていても発生する事態ですね。

位置偽装には、_nomapとステルスのどっちが良いか

位置偽装するときのおすすめは、「近くにWiFiを置かない。」ですが、おかないわけにはいかないときにどちらが良いかを整理します。結論を言うと「_nomapが良い」ですが、条件によって変わります。いきなり説明なく入っていますが、説明はこのページをご覧ください。

まず、ステルスのデメリットです。条件によっては致命的です。いまどきなIoT製品がいろいろありますが、ステルスに対応できていない子機側の製品が存在します。この条件に合致する場合ステルスを選択することができません。それからWiFi親機機器の電源断などで接続できなくなると、子機側が初期設定モードに切り替わりWiFi機としてSSIDやMACなどが見える状態に変わります。ステルスにしているとこの状態からなかなか復旧しないように見えます。復旧しないままだと、この機器のMACを登録されてしまう可能性があります。
ステルスのメリットは、位置偽装対象がiOSの場合に効果があります。残念なことにiOSは、_nomapが効きません。アプリによって動きに違いがあるようですが、ステルス化して位置情報取得でMACを拾えないようにする方法があります。
私の場合は、デメリットの影響が大きいので_nomapを採用しています。

つぎに、 _nomapですが、メリットはAndroidには機能上の弊害が特になく位置偽装時に効果を発揮するということです。明確なデメリットは感じません。
そんな中でのデメリットは、誰かのサイトに書いていましたが、セキュリティヲタクであることを発信しまくっている点でしょうか。これまで、1000を超えるSSIDなどの情報を拾ってみましたが、_nomapを付けているものは見つけることができていません。実際のところ_nomapを付けている人はどのくらいいるのでしょうか? 逆にほとんど_nomapが付いていないからこそWiFiでの位置特定がそれなりに妥当な感じで機能しているということでしょう。