移行先の検討について 


以前に、利用しているホスティングサービスのサービス終了に伴い移行先の検討すると書きました。一通り情報収集もおわりそれぞれのサービス内容の把握もほぼできました。後は動作検証によって移行先を最終的に選定を行うだけですが、窓釘に問い合わせた結果、”代替サービスの案内を郵送”の時期は8月下旬という回答がありました。この時期を反映して、つぎのようにスケジュールを見直しします。

最終的な判断は資料が届いてからにするとして、本格的に情報収集を始めます。
 また、これまでに仮決めしていた移行スケジュールは2019年10月に移行先決定でしたが、現行サービス終了から逆算してスケジュールを決めなおすことにします。※ 現在の運用状況だと、1か月並行運用、1か月切り替え期間、1か月予備期間くらいをとらないと余裕を持った作業ができなさそうです。

1)代替サービスについての資料の受領。 2019/8/下旬

2) 移行スケジュールの確定。 2019/8/25
3) これ以降のスケジュールは、代替サービスの案内書類の受領時期により見直しする。
3-1) 書類レベル調査完了 2019/8/30
   ここまでに代替サービス案内を入手済みと仮定。未入手ならスケジュール見直し
3-2) 移行先候補 最大3つまでに絞り込み 8/31
3-3) 実地調査 9/1-9/15 実サイトを仮運用して調査
3-4) 移行先確定 9/16
3-5) 申し込み環境構築 9/17-9/20
3-6) バックアップ・復旧、定期実行パッチ等の運用操作の動作検証 9/20-9/30
3-7) 現行サイトからのサイトデータの仮移行 10/1-3
3-8)移行後の環境の動作検証 10/3-10
3-9) 移行後環境の操作手順等手順書類更新作成 10/11-10/15
3-10) ドメイン切り替え依頼 10/16
3-11) 現行サイトからのサイトデータの移行(仮本番) 10/17-20
3-12) プロバイダによるドメイン切替作業&反映 10/16-10/30
3-13) 新クラウドサーバでのドメイン運用開始 11/1
3-14) 新クラウドサーバでのmic.or.jpドメイン運用検証 11/1-15
3-15) 現行サイトからのサイトデータの移行(本番) 11/1-2
3-16) 検証期間予備 11/16-11/30
3-17) ドメイン移行期間予備 12/1-12/27
  

スケジュールの項番3以降は、前回公開したスケジュールと同じです。

なお、移行先等は移行先検討のページに記載しています。

本サイトが利用しているクラウドサービスのサービス停止に伴うサイトサービスのスケジュールについて

2019/7/2時点で次のように移行スケジュールを仮置きします。

1)移行先サービスの調査。 2019/6/26~7/30

2) 移行スケジュールの確定。 2019/8/5
3) これ以降のスケジュールは、代替サービスの案内書類の受領時期により見直しする。
3-1) 書類レベル調査完了 2019/8/30
   ここまでに代替サービス案内を入手済みと仮定。未入手ならスケジュール見直し
3-2) 移行先候補 最大3つまでに絞り込み 8/31
3-3) 実地調査 9/1-9/15 実サイトを仮運用して調査
3-4) 移行先確定 9/16
3-5) 申し込み環境構築 9/17-9/20
3-6) バックアップ・復旧、定期実行パッチ等の運用操作の動作検証 9/20-9/30
3-7) 現行サイトからのサイトデータの仮移行 10/1-3
3-8)移行後の環境の動作検証 10/3-10
3-9) 移行後環境の操作手順等手順書類更新作成 10/11-10/15
3-10) ドメイン切り替え依頼 10/16
3-11) 現行サイトからのサイトデータの移行(仮本番) 10/17-20
3-12) プロバイダによるドメイン切替作業&反映 10/16-10/30
3-13) 新クラウドサーバでのドメイン運用開始 11/1
3-14) 新クラウドサーバでのmic.or.jpドメイン運用検証 11/1-15
3-15) 現行サイトからのサイトデータの移行(本番) 11/1-2
3-16) 検証期間予備 11/16-11/30
3-17) ドメイン移行期間予備 12/1-12/27
  

なお、移行先等は移行先検討のページに記載しています。

移行先、 次期クラウド環境選定

 事実関係の確認ができおりませんが、利用しているクラウドサービスがサービス終了するという情報が出てきております。仮にサービス終了となると以降に数か月単位の準備と移行作業が発生するため事前に検討しておきます。一番良いのは、このクラウドサービスのサービス内容やレベルが向上することです。

 まず、この利用している機能・必要な機能・欲しい機能を整理します。

■現在利用していて、今後も必須の機能

  • 全般: 独自ドメイン 24年ほど継続して利用している独自ドメインを継続して使用したい。 容量:できるだけ多く、高速なものが良い。現状はバックアップ領域も含めて 150GB 利用可能です。
  • メール:メールアカウントの管理 →独自ドメインのメールアドレスを引き続き利用したい。 アドレス数の制限なく利用したい。
  • Web: Apacheサーバ
  • 言語:PHP5、Python2.6、シェル
  • DB:MySQL5
  • 定期実行:CRONでの定期実行、日次、定時実行。

■欲しい機能

・Python3

以上の機能について、各クラウドサービスを調査比較します。そして、「クラウドサーバサービスの比較」として、固定ページにて公開していきます。

トップページ更新

トップページを更新しました。
リンクページに、太陽光発電、MysTilesのアイコンを追加し、ロゴを更新しています。 また、サブページにも太陽光発電、MysTilesを追加しました。MysTilesはタイル型ポータルページであるMyS’Tileのサブセット版です。MyS’Tileは個人ごとのカスタマイズを想定したJavaScriptベースのポータルページです。 phpで書いたものではありません。これを、クラウドサーバに移行して、個別カスタマイズ部分を削除し、一部をphp化しました。何か良いphpで書かれたポータルアプリケーションもあれば、切り替えたいと思います。何か良いものがあればコメントください。

WordPress投稿のパスワードって何? まとめ

まるめると「投稿ごとにパスワード設定可能なユーザIDが共通のフォーム認証」ということです。Webエンジニアならこの表現で大体の挙動は理解できると思います。

Web技術的な表現で書くと、次の通りです。
・WordPressで共通のポストデータでパスワードを指定する ユーザIDの指定がない フォーム認証。

サイトで固定のクッキーを使っているのか、それともページごとに指定するクッキーで指定するのかと推測しましたが、パスワードをWordPress固定のポストデータで指定して、WordPressのクッキーでセッション維持をしていました。

これにより次の動作をします。ある投稿のパスワード入力フォームに別の投稿用のパスワードを入力すると、パスワードを入力した投稿は参照できないが、パスワードが一致した投稿は参照できるようになる。また、ある投稿Aを参照できる状態で、別の投稿Bを参照するためのパスワードを入力すると投稿Bは参照可能となると同時に投稿Aは参照できない状態に変わります。

結局、この機能、どこかで投稿参照用のパスワードを利用者に渡して参照可能にするというものでしょう。 実際に使っているというか、有効に使えているところがあるのでしょうか。

WordPress 投稿の非公開ってどう使う?

この機能って、公開、非公開をあとで切り替える機能ってこと? つまり、主な目的は公開済みのものを後で削除ではなく非公開に切り替えるということ? 見せないようにするのに削除するのではなくスイッチを切り替えて見せないようにする。証拠保存が目的でしょうか?  

非公開にすればタイトルさえ表示されなくなる。

機能名が、なんか変。 つまり「公開する」なのに「非公開」ってなっている点です。日本語に翻訳したところで変なことになっているのか?

やっぱり読み通りでした。英語だと、

「公開する」→Published
「非公開」→Private
です。

「私的:Private(プライベート)」の反対語は 「公的:public(パブリック)」なので、英語だと違和感がありません。 Privateを日本語に翻訳するときに”非公開”としたことで、機能名的な違和感が発生したわけです。

初スパム

 
運用開始して10日目で、スパムコメントが入りました。
以前のサイトで運用していたフォーラムシステムでは、最初のスパム投稿が発生したのは 運用から1年以上経過した後でした。そのフォーラムにはスパムを自動判定できる仕掛けは、 なかったので、気が付いた時にはごみ投稿の山ができていたこともありました。
この感じだと、スパムコメントも大量にある感じがします。でもスパムをブロックする 仕掛けで、検出できていました。スパム検出が機能していることは、とりあえず一安心です。
つぎは、検出精度と処置の手間がどの程度低減できるのか注目です。